早期に高値で売却するには内覧会の開催が必須

マンション売却に必須なこと

マンション売却に必須なこと

◆ マンション売却、よくある質問。

マンション売却を考えている方から、よくされる質問があります。
それは「内覧会はしたほうがいいですか?どうやってすればいいの?」というものです。
マンション内覧会、というとなんだか萎縮してしまいますが、内覧会はむしろ必須のものと言えます。なぜそう言えるのでしょうか??
まず新築マンションを購入するのであれば、確実にモデルルームを見に行きますよね。
しかも時間をかけてじっくり見ていくはずです。自分の求めるポイントをメモにして持っていく方もいます。
それほど、目で見て確かめる、というのは住居購入時に欠かせない作業なのです。
それは中古マンションであっても同じことが言えます。
買い手側は、これからの生活をそのマンションで送っていくかどうか、という重要な決定をするために、より多くの情報を必要としています。
家族みんなで内覧会に行きたい、とおっしゃるご家族も多いのです。
それはなぜかと言うと、お父様の書斎の広さを自分で確かめたかったり、お母様はキッチンの使いやすさやお風呂の広さなどを自分の感覚で確かめたい傾向があります。
またお子さんにとっても自分の部屋の雰囲気を見ることは、これから始まる新生活への期待を膨らませ、やる気を起こさせるきっかけともなるのです。
そうした方にとって、内覧会は必須です。
むしろ売却を本気で考えているなら、内覧会なしでの売却はおすすめできません。早期に高値で売却するためにも、内覧会は必須であると言うことができます。
ここでは、内覧会の時に売主にもできる、高く売るために必要なポイントを幾つか挙げたいと思います。

高く売るためのポイント

◆ 内覧会はできるだけ多くとりましょう。

高い買値を目指しているのであれば、内覧会をそれだけ多く開くことが必須となります。
面倒に思わず、積極的に内覧会を開くことで、高値買取への道が始めて開けるのです。
でも内覧会が売り手側のストレスになることも事実です。特に、内覧会ばかりが行われて、なかなか買い手が見つからずに時間だけが過ぎていく場合は精神的にかなりのストレスですよね。
そんなストレスを最低限にするために、なおかつ高値買取を目指すためにはどうすればいいのでしょうか?
それは、相手を見て、内覧会を開く回数を絞る、というのがポイントになります。
マンション購入のための内覧会には、もちろんその場所でのマンション購入を真剣に考え、すぐにでも購入を考えている買い手が集まります。
ですがその反面、単なる冷やかし目的で内覧会に参加する方がいるのも事実なのです。
参考見学、また今後のマンション購入に備えて勉強程度に、と思って内覧会に来る方達も相手にしていると、いくら時間があっても足りません。
比較のために一応来たけれどやっぱり他のところで購入しよう、という購入する気のあまりない見学者も多いです。
そのようなお客様を極力絞りつつ、なおかつ多めに内覧会を開く、そのためには不動産屋さんの、お客様を見極める力も大切になります。
不動産屋さんとの信頼関係、じっくりと相談を重ねて、適度に内覧会を開きましょう。

◆ 内覧会のときに気をつけるべきポイント。

内覧会の際には、できるだけ買い手側に良い印象を持ってもらえるよう、最大限の配慮を示したいと思います。
ではどんなポイントに気をつけるべきでしょうか??
売り手側がうっかり忘れがちな、でも気をつけるだけで全体的な印象が一段階上がる、そんな内覧会テクニックをお伝えしましょう。
1、清潔感。
しっかりと片付けを行って、家中から清潔感が感じられるようにしておきましょう。
生活感は隠せないとしても、雑然とした感じや片付いていないのを見るとやはり印象は悪くなります。
忘れがちな、水まわりのお掃除や、換気扇など手の届かないところのお掃除は済んでいるでしょうか?意外とそのような所が見られているので要注意です。専門の掃除会社に依頼してキレイにしてもらうのがおすすめです。
そのようなところになで手が届いていると、そのほかのところにも信頼が置ける、と思っていただけるのです。
できるだけ清潔感のある、好印象を持たれる空間を目指しましょう。
2、リビングは広く見せる。
リビングにはあまり物を置かないようにしましょう。家の中でリビングは重要なポイントです。
リビングが広い!というのはマンション購入時の憧れとして誰もが持っているので、なるべくリビングが広く見えるように工夫しましょう。
3、電球を新しくする。
家というのは「魅せ方」で大きく印象が変わるものです。昼行った場合と夜行った場合も印象が違いますよね。
照明が家の雰囲気を形作るとも言われています。そして薄暗く、よく見えにくい家では印象も悪いですし、買い手が見たいと思っていたポイントも良く見えなかった、ということもあり得ます。
それに比べ、電球を全て新しいものに付け替えて、部屋中を明るく見せるなら、その家への印象も数倍良くなります。
最近流行の暖色系の、温かみを感じる電球でそろえてもいいかもしれませんね。

売却に不可欠である内覧会を良いものにして、公開のないマンション売却にしましょう。