わかりにくい仲介手数料について理解し、気持ちよく取引しましょう

気になる「仲介手数料」って何?

気になる「仲介手数料」って何?

◆ 不動産売買の前に、「仲介手数料」について知っておこう。

マンション売却を考えている方も、一軒家の売却を考えている方も、気になるのが「仲介手数料」ですよね。
売却する側にも必要な費用があるのは知っていますし、「仲介手数料」がその一部であることもわかります。
また自分ではできない不動産の売買を、専門知識を持った不動産屋さんに頼む際の手数料である、ということまでは皆さんご存知のはずです。
ですが売買する予定の不動産が高額であればあるほど、不動産屋さんに渡す仲介手数料がどの程度の金額になるのか、知っておきたいですよね。
そしてわかりにくい仲介手数料について詳しく理解しておくなら、気持ちよく取引を終わらせることができます。
それでは仲介手数料について調べてみましょう。

◆ 「仲介手数料」とは??

仲介手数料とは、不動産売買の際に、不動産会社、仲介会社が間に入る際に発生する料金のことです。
最近では不動産会社を介さずに不動産を売買することはめったにないので、ほぼ全てのケースの不動産売買で仲介手数料が発生すると言えます。
不動産問題を扱う、知識の豊富なプロフェッショナルが間に入ることで、不動産売買時に起こりがちな契約上のトラブル、金銭上のトラブルを未然に防ぐことができます。
売り手側と買い手側の間に入ることで、両者のニーズや要求を相手に伝えつつも円満に契約まで結びつけることができるので、安心な不動産売買に仲介者である不動産会社は欠かせない存在であると言えます。
この仲介手数料には、不動産会社が行う、その物件の売買に至るまでの様々な活動に対する報酬が含まれています。
例えばその物件の査定額の算定から始まり、契約書の作成、売り出しの広告などの作成、内覧会の立会い、買い手との交渉などが含まれます。
物件売出し中に不動産会社がすべき事はたくさんあり、その間にどれほど広告活動を行えるかで買い手の集まりにも差が出ると言われています。
これらの活動に対する報酬が、すべて仲介手数料に含まれているということを覚えておきましょう。

「仲介手数料」の目的、払う相手、適正額について

◆ 最近よく見る、「仲介手数料ゼロ」サービスって何??

最近、「仲介手数料ゼロ」を広告に出している会社を見かけることがありますね。なぜ「仲介手数料ゼロ」というサービスが可能なのでしょうか?
それはその不動産会社が、売り手側ではなく、買い手側から仲介手数料を取得しているということです。
そのため「売り手側からは」仲介手数料をもらわない、という意味で不動産会社が働くわけです。
ですがこの場合、不動産会社は売り手側とも買い手側とも、直接交渉すべきであり、買い手も他の不動産会社に頼むことなく自分で見つけることが必須となります。
このように不動産会社が、売り手とも買い手とも直接契約を結ぶ状態を、「両手仲介取引」と呼びます。

◆ 「両手仲介取引」の注意点とは?

売り手側にとっては魅力的に聞こえる「仲介手数料ゼロ」の「両手仲介取引」ですが、もちろん注意点もあります。
ひとつには、売却情報公開がされない、という点です。
両手仲介取引の場合、売り手側がその業者を専任に、その物件の売買を任せるわけですので、他の業者への情報公開はされません。
他の業者にも情報を公開する不動産会社の場合、その分買い手も早く見つかりますが、それをしないということはその分買取が遅くなるということ。
売却スピードが下がるだけでなく、あまりに待たされると売り手側の売却への意欲も薄れがちです。
そのため「もうこの価格でいいか・・。」と安い価格で安易に売買してしまう傾向にあるのです。
そして両手仲介取引の場合、不動産会社が無理に買い手との契約を急ぐ、という傾向もあります。
不動産会社としては、売り手の希望の売買価格に近づけるために努力するよりも、早期に買い手を見つけてそちらから仲介手数料を取るほうが効率が良いわけです。
そのため安易な契約成立に走るケースが多く問題となっています。
やはり「契約手数料ゼロ」の裏にはそれなりの理由があるのですね。

◆ 仲介手数料の上限。

仲介手数両ていったい幾らかかてしまうのだろう・・」そう不安に思ってしまいますよね。
でもご安心下さい。仲介手数料は、法律によって上限が決められています。そのため払いすぎる心配はないのです。その一例を見てみましょう。
取引額のうち200万円以下の金額・・・報酬額 取引額の5.4パーセント以内。
取引額のうち200万円~400万円以下の金額・・・報酬額 取引額の4.32パーセント以内。
取引額のうち400万円以上の金額・・・報酬額 取引額の3.24パーセント以内。
上記のように売買代金の区分ごとに上限が決められています。これを知っておけば安心できますね。

不透明な部分の多い「仲介手数料」ですが、このように何のために払っているのか、誰に払うのか、また適正額を知っておくならば、わかりにくい不動産売買にも安心して臨むことができますね。